“フリースタイル”を体現する超個性的スタイルの奇才

90年代から現在もプレーを続けている数少ないプレイヤーの1人。他にはない個性的なスタイルは高く評価されている。2000年、BAPに加入。

 

独特なリズムのダッキング、軸の安定した連続スピン系ムーブなどの個性的な技に加え、左右をどちらでも蹴ることのできる堅実な技術を持ち、他のプレイヤーからも一目置かれる存在である。

2010年世界大会の準決勝では、何故か3分蹴り続けるという「離れ業」をやってのけた(ルールは2分間以内)。

 

国籍/アメリカ合衆国

BAPネーム/Shred On(=蹴り続ける男)

Lon Smith