フットバッグを屋外で楽しむのが、ストリートスタイル。

ストリートはもちろん、公園や旅先などでもバッグひとつあればOK。

さあ、書を捨てよ、蹴りまくろう!

路上~on the Road~

 

周りにギャラリーがいるいないに関わらず、“平らな地面”を見るとつい蹴りたくなるのがフットバッグプレイヤーの性。

ストリートスタイルのフットバッグは、何人かでサークルを作って、キックやストールを組み合わせて、とにかく自分達が楽しむために自由に蹴るのが醍醐味。

 

フットボールやスケボーと違い、バッグが遠くへ転がることや、バッグが誰かに当たって怪我をさせることもないのでGOOD!

 

(※ただし、道のど真ん中でやっていると通行人のジャマになるので、そこだけは注意をしよう。警察を呼ばれたら、、、逃げろ!)

ストリートスタイル・フットバッグ

自然~park & outdoor~

 

公園のような緑の多い場所もフットバッグをするには最適

 

道と違ってジャマにもならないので思う存分蹴ることが出来るし、仲間で集まってサークルを作れば、日が暮れるのもあっという間!

 

日本では「代々木公園」がフットバッグプレイヤーの集まる公園として有名です。