スイッチ(難易度3)

跨ぎながら足を交換、だからスイッチ。

基本となる1回跨ぎの技、2つめはこの「スイッチ」。

 

この技は、レッグオーバーとも呼ばれており、蹴り上げた足とは逆の足で外側から被せるように跨ぎます。

 

 

 

<スイッチのコツ>

 

ATWと同様に、初めてこの技をした時、ほとんどの人が「跨ぐ時間を稼がないと間に合わない」と思って、バッグを高くセットしてしまいます。

 

なので、コツはATWと同じで、

 ・高くセットしない

 ・真上にセットする

 

そして、この技の場合の重要なコツは

 

 ・跨ぐ足の踏み切りの勢いを使うこと

 

イメージとしては、

 

バッグが乗っている足は何も意識しないで、とにかく逆足でジャンプ。

(=そのジャンプの勢いを利用して勝手にバッグが真上に上がります)

ジャンプしたほうの足で、バッグを上から被せるように跨ぐ。

右足の場合、「時計の針でいう9時」まで跨ぐ

トウストールをする (ここで、9時から6時分の跨ぎを補う)

 

 

 

<練習方法>

 

まずは、左右の足でのトウストール>トウセットの連続を練習しましょう。

 

右>左>右>左

 

この時に、バッグが乗っている足だけではなく、踏み切るほうの足の勢いを使うことを意識してください。

 

そして、安定して「膝ぐらいの高さ&真上」に上げることができるようになったら準備OK.逆足で上から跨いでみましょう。

 

 

その時に失敗パターンは、以下だと思います。

 

・バッグが跨いでいる「太もも内側」に当たる

 原因/高く上げ過ぎている

 

・バッグが落ち際に“ふくらはぎ”に当たる

 原因/“9時前”に、トウストールを開始している(急ぎ過ぎ)

 

・バッグがつま先に当たるが跳ねる

 原因/ストールの動きが不十分。

 

どうでしょうか?

 

 

左右連続が安定してできるように、頑張って練習してください!