意味/技の構成要素の数を表す単位

ある技が、幾つの要素で構成されているかを表す単位で、ほぼ難易度と同じ意味(addの高さと難易度が一致しない場合もある)。

 

例えば、「PS Whirl」という技は、

 

 ・paradox(半回転)

 ・symposium(片足ジャンプ)

 ・dex(跨ぎ)

 ・x-body(足の交差)

 ・delay(バッグを足に載せる)

 

という5つの要素から成り立っているので、5add技となる。

 

アド(add)